福岡県立大牟田北高等学校

学校紹介

   ホーム  >  学校紹介 [ 校長挨拶 ]

校長挨拶

 

福岡県立大牟田北高等学校

 

校 長  四 井 大 典

 

 

 福岡県立大牟田北高等学校の校長として着任し2年目となります四井大典と言います。本年度は、「北高改革セカンドステージ」をこれまで以上に充実させ、さらに活気あふれる学校にしたいと考えています。どうぞ、よろしくお願いいたします。

 本校は、大正元年(1912年)、日の出町に三池郡立実科高等女学校として開校以来、大正7年に福岡県立大牟田高等女学校と名称を変更しました。昭和23年には、福岡県立大牟田女子高等学校となり甘木校舎に移り、昭和24年に男女共学の普通科高等学校として福岡県立大牟田北高等学校と改称し教育活動を充実させてきました。平成28年4月に甘木校舎から吉野校舎に移転し、本年度で107年目を迎えた伝統ある高等学校です。また、各学年4クラスという小規模な学校ですが、医療看護系コース、公務員コースなどの2年生から5コース制を導入するなど、ユニークなカリキュラムを持つ伝統校、だけど新しい学校です。

 本校は、平成24年度の創立百周年を機に抜本的な学校改革北高改革に取り組んできました。その柱は、校是を「目指せ 自己ベスト!~人は自分が思う以上に輝けると思う。~」とし、これを校訓である「誠実 勤勉 協同」をもって実現しようとする姿勢です。そして、教職員全員が生徒一人ひとりを大切に思い誠実で丁寧な指導する体制です。

 この中で生徒たちは力をつけており、学校には明るい笑顔と元気な挨拶があふれています。重点部活動である野球部、サッカー部、女子バレーボール部などの運動部だけではなく書道部や吹奏楽部などの文化部も活発に活動しています。

 また、校舎は、3棟あり2階建てで教室は2階にあります。それらを結ぶ幅広い廊下をコミュニケーションストリートと呼び学年を超えて交友関係を築ける配置となっています。また、木材とガラスをふんだんに使用した明るくきれいな校舎です。体育館も大胆に光を取り入れる設計となっています。その他にも図書館を校舎の中心に配置するなど、生徒たちの学校生活を快適に送るための工夫がされています。

 

平成31年度学校経営の基本コンセプト

 令和元年度(「北高改革」7年目)は、6年間で大きな成果を上げてきた「北高改革」の基本を保ちながらも、変化の激しい時代に対応した学校経営を行います。生徒たちは、人生100年と言われる今日、21世紀中盤に活躍することを期待されています。本校では、自分の夢を持ち実現させ、新たな夢を追いかける生涯学習のための基礎・基本の定着を図るため、全職員が、組織的、協働的に教育内容の改善を図れるよう、学校組織を部課制としました。加えて新学習指導要領の移行期間となり「総合的な探求の時間」を1年生から導入し、探究活動の充実を図ってまいります。

 北高は、ますますパワーアップし続け、「大牟田に北高があって良かった」と言われる学校を目指して邁進して参ります。これからの大牟田北高等学校にどうぞ期待してください。

 

 ホーム
福岡県立大牟田北高等学校
〒837-0904福岡県大牟田市吉野555
Tel:0944-58-0011  Fax:0944-58-7361
Copyright(C)2009 Fukuoka prefectual Omutakita high school All rights reserved